英語で接客ができたらクール|外国語をマスターする秘策

男の人と女の人

働きやすい職場にするコツ

社員のエンゲージメントを高めることで、企業全体のモチベーションが上がります。近年は、管理者向けの研修を行なっている専門会社があるので、部下の育成方法や働きやすい環境作りについて研修を受けましょう。

詳しく見る

男の人と女の人

社員のスキルアップ

いまはインバウンドによる利益が大きくなっており、英語での接客研修も見逃すことができないものになりつつあります。英語スキルはもちろんのこと、多様性への理解や国際的なルール・マナーなどに触れるのも重要かもしれません。

詳しく見る

オフィス

社員に対する調査

社員にエンゲージメント調査を実施すると、それぞれの社に対する愛着心などが見えてきます。コンサルティング会社に委託するとスムーズで、結果から組織改善のサポートも受けられます。エンゲージメント調査にかかる費用は企業規模により異なるので、見積もり依頼をしましょう。調査内容はアンケート形式が一般的です。

詳しく見る

女の人

ビジネスで使えるように

会社に英語での接客が難しいと考える社員がいるのなら、コツを教えてもらえるセミナーを受けさせましょう。セミナーなら短時間で英語での接客のコツを学べるため、うまく利用すれば、考えているよりもずっと早く効果がでます。

詳しく見る

女性

愛社精神育成が成長のカギ

現代における従業員の企業に対するエンゲージメントは、個人の成長や個人のライフスタイルの充実を高めることで形成される傾向にあります。そのために社内の制度改革やキャリアアップの機会などを提供することが求められており、専門会社のコンサルティングやサポートを受けることもできます。

詳しく見る

外国人客の増加で必須の業

アルファベット

基本会話をマスター

日本文化への注目や日本製品へのニーズをはじめ、政府が観光立国を掲げて積極的に世界からの旅行者を誘致していることもあり、外国人観光客が地域を問わず増えています。2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されることが決まり、今後ますます外国人客が増えていくことが予想され、東京や東京近郊エリアをはじめ、日本各地の観光地やその周辺で接客において英語が求められることが見込まれています。簡単な挨拶もできず外国人客を呼び込めない、ライバル店や他の店にとられてしまう、オーダーをとったり、商品の説明ができず時間がかかったり、あきらめて帰られてしまう、肝心のお会計で金額の伝達が上手くできずに延々と時間をかけてしまうなどの事態を防ぎ、スマートで満足のいく接客サービスができるよう従業員の英語教育が求められています。英語ができる人材を採用するのも1つの方法ですが、既存の従業員が基本的な会話をマスターすることで即戦力となり、安心感も増します。少し話せるようになると自信もつき、積極的に外国人客の接客を担当したり、会話に応用も利くようになっています。そのための研修は社内の英語が得意な人材に任せたり、独学をさせるより、業務の一環として専門家を招いて研修を行ったり、会社の費用で英会話スクールなどに通わせるのが効率的です。接客の基本会話からその企業やお店に必要な会話を教えてもらうことで、短期間でマスターでき上達の道が開かれます。