英語で接客ができたらクール|外国語をマスターする秘策

働きやすい職場にするコツ

男の人と女の人

社員の自己実現を高める

社員が元気な会社は業績が伸びるものです。仕事は給与を得るため、生活の糧のためのものですが、その一方で「私はこうありたい」という自己実現を果たすための方法でもあります。ですから、社員のしたいこと・やりたいことが、自身の仕事になればなるほど、モチベーションをもって仕事に向き合うことができるのです。これは、近年注目されている「エンゲージメント」の考えに近いものです。エンゲージメントは会社と社員の関係性を表す言葉です。これが高ければ、前述のとおり自己実現に近い形での働き方ができているということになるのです。そんな、社員のエンゲージメントを高めていくのは、管理職・上司の役割です。しかし、管理職や上司は自身の経験値や自己流のやり方・精神論で後進育成をしがちです。それは必ずしもエンゲージメントを高めるような方法であるとは限りません。また、企業内部でビジネスマナーなどの新人研修や技術面の研修は行うことはできるかもしれませんが、管理職向けの研修というのはなかなか実施しにくいのが現状です。そこで、専門の会社に管理職向けの研修を委託するという方法があります。部下の育成方法(やる気にさせる方法・言葉かけ等)や、部下が働きやすい環境づくりについて、理論的に研修してもらうことができます。また、ベテラン社員である管理職に対して、内部では言いにくいことも、専門の会社を介して伝えるということも考えられます。このように、研修専門の会社を利用することで、働きやすい環境をつくっていく方法があるのです。つまりそれは、社員と企業のエンゲージメントを高めることにつながるのです。