英語で接客ができたらクール|外国語をマスターする秘策

愛社精神育成が成長のカギ

女性

時代に即した愛社精神形成

日本では少子化によって労働人口が縮小する中で、業種を問わず人材不足に悩まされ、いかに人材を確保して育成し、離職を抑制するかが課題になっています。かつての終身雇用時代には従業員そろって社員旅行に出かけたり、家族も含めて社内運動会を実施したりと大企業も含めて家族的な繋がりが生まれ、会社への忠誠心も高く、定年まで勤めあげる方が大半でした。ですが、経済環境も変化して企業経営や競争が厳しくなる一方で、個人の考え方やライフスタイルにも変化が生じています。個人の生活や成長を重んじる人が増えていく中で、人材を育成して愛社精神を養い、企業収益のアップや継続成長に結びつけていくためには、エンゲージメントの形成が重要となっています。エンゲージメントは日本語では愛社精神などと訳されますが、かつての日本企業における忠誠心とは異なり、個人のライフスタイルや成長を重視する現代人の考え方に即した形での形成が求められます。企業で快適に働き、自分の希望や目標に沿って能力やスキルを成長させながら、生活も充実させるといったメリットを得ることが、企業への貢献意欲に繋がり、エンゲージメントが形成されると考えられています。そのためには企業の職場改革や制度改革が必要になることもあります。ワークライフバランスの充実や、結婚や出産を経ても働きやすく産休後も復帰しやすい環境づくりや、貢献度に応じた適正な人事評価、キャリアアップのための研修などが挙げられます。エンゲージメントを高めるための制度改革のコンサルティングや、キャリアプランニングや研修などをしてくれる専門会社もあるので相談してみましょう。