英語で接客ができたらクール|外国語をマスターする秘策

社員のスキルアップ

男の人と女の人

外国人客獲得のために

単一民族であり島国に住む日本人にとって、英語はそれほど重要な要素ではありませんでしたが、現代では違います。外国人旅行客は年々その数を増やしており、実際にインバウンドによる利益は計り知れない可能性を秘めているといえるでしょう。だからこそ社員の英語スキルを伸ばしておく必要があり、接客業ではよりその必然性が高いといわれているのです。英語での接客は通常の英会話とは異なり、専門的な用語も必要になりますし、店によって利用される単語や頻出語も異なります。現場にあった英語の接客研修を行うためには、専門的な知識を有している会社や企業に任せるのが良い方法と言えるでしょう。英語研修を行っている企業に依頼し、求める会話レベルや費用などをすりあわせて実際の研修を導入することになります。こうした研修は、語学スクールや語学研修を主とした企業でおこなっていることがほとんどです。一方でマナー研修や、異文化交流などを目的とした団体で開催されていることもあり、中には無料で受けられるセミナーなどもあります。英語はもちろんですが、国によってマナーや監修の違いがあるため、接客業の場合はこうした知識を身に着けておくのも重要です。語学だけでなく、多様な文化を理解し、様々な国についての国際理解を深める研修を合わせて受けると効果的かもしれません。外国人との接客をイメージし、想定される様々な事態に対応できるよう、多面的な英語教育・国際教育を周知しておくことが大切なのではないでしょうか。